家具・家電

サーキュレーターのおすすめ15選!口コミで人気の機種を比較してみた

新生活へ向けての準備、夏までに買っておきたい商品として、サーキュレーターの購入を考える人も多いのではないでしょうか。

我が家でも毎年梅雨の時期から大活躍させています。

そもそもサーキュレーターとは何なのか?

どういう使い方ができるのか?などを詳しく説明していきます。

おすすめサーキュレーターもご紹介するので、これから購入しようと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

サーキュレーターとは

サーキュレーターは室内の空気を循環させるためのものです。

空気をらせん状に送る作りになっており、強めの風を一気に送り出します。

家の中の空気の入れ替えや、室温調節、部屋干しの洗濯物に当てて使うなど、用途は多岐にわたります。

エアコンを使用した場合、冷たい空気は下に溜まり、天井付近は暖かい空気が溜まります。

この空気の層ができてしまうと、室内で温度変化が起こってしまい、エアコンはずっとフル稼働し続けます。

そこで、サーキュレーターを使って室内の空気を循環すると、エアコンも稼働と休憩を効率よく使い分けられるので節電にもつながりますよ。

夏場はサーキュレーターを床に置いて正面に向けて風を送り、冬場は上へ向けて風を送るように風向きを変えて使用してくださいね。

そうすることで、より効率的に室内の空気が循環します。

また、梅雨の時期は天気が悪くて洗濯物を室内に干す頻度が上がります。

その際も干した洗濯物に向けてサーキュレーターを稼働すると、早く乾かすことができるので便利ですよ。

扇風機とサーキュレーターの違いを比較

同じ風を送る製品として扇風機がありますが、サーキュレーターとの違いはどこにあるのでしょうか。

まず、サーキュレーターは空気の循環用で、強力な風をらせん状に一気に送り出します。

一方、扇風機は人の体に直接風を当てて涼むためのものとして、放射状に風を送ります。

どちらも風を送る機能があるという点では同じですが、風の種類に違いがあります。

実際に2つの風を受けてみると違いが明確にわかりますよ。

サーキュレーターは強い風が一直線にくるので、涼むための心地良さは感じられません。

扇風機はふんわりとした風が体全体に当たるので、気持ちよく涼むことができます。

夏場に冷房を使うのであれば、扇風機ではなく、空気の循環を目的としているサーキュレーターを使用する方が、室内のどこにいても一定の温度に保たれている分、快適に過ごすことができます。

サーキュレーターの選び方

サーキュレーターはたくさんのメーカーから販売されているので、どれを選べば良いのか迷いますよね。

まずは何を重視するのかを考えてみましょう。

風力

サーキュレーターは空気を循環させるので、扇風機よりも強い風が出ます。

ただ、強い風の場合はそれなりに音も大きくなってしまいます。

就寝中に使いたい場合は、音が小さい方が良いですよね。

風力の調整ができるタイプであれば、日中・夜間と使い分けできるのでおすすめです。

サイズ

使う部屋の大きさによって、サーキュレーターのサイズも変わってきます。

小さめの部屋ならコンパクトタイプでも十分空気の循環が可能ですが、大きめのリビングとなると、標準~大き目のサイズを選ぶ方が効率的です。

職場や工場でも使えるかなり大きい業務用のサーキュレーターもありますよ。

デザイン

室内に置くものなので、デザインにこだわる方も多いでしょう。

シンプルなものからレトロ感のあるものまでたくさん販売されているので、自分の好みに合うものを選びましょう。

和室で使う場合は木目調のものを選ぶと馴染みやすいですよ。

機能

最近のサーキュレーターには、ただ風を送るだけでなく、さまざまな機能がついています。

アロマオイルを入れて良い香りのする風を出せるものから、扇風機のように首振り機能があるもの、タイマー機能がついているものまで、高機能なサーキュレーターが増えているので要チェックです。

おすすめメーカー

サーキュレーターを選ぶ際、ぜひ生産元であるメーカーにも目を向けてみてください。

それぞれ違った強みを持っているので、製品そのものだけではなく、実はメーカーも注目ポイントの1つですよ。

ここでは口コミでも人気のおすすめメーカーを4社をご紹介します。

アイリスオーヤマ

高機能で低価格の製品が多く、楽天やAmazonの売れ筋ランキングでも常に上位にランクインしています。

羽根の表面積が多いので、コンパクトタイプでも送る風量が多いのが特徴です。

2,000円台から販売されているので、安く済ませたい人にも嬉しいですね。

ボルネード

ボルネードはサーキュレーターのトップブランドとして有名です。

首振り機能はありませんが、風量や風の形状が研究しつくされているので、循環力は圧倒的です。

無印良品

シンプルなデザインが好評で、お手入れもしやすいサーキュレーターを販売しています。

羽根は先が大きくせり出たブーメラン型を採用し、強い風力でも静音で運転できるように開発されています。

バルミューダ

独自開発された二重構造の羽根で15メートル先まで風を送ることが可能な圧倒的な送風力が特徴です。

シンプルなデザインでどんな部屋にも馴染み、人気が高いです。

おすすめサーキュレーター

数あるサーキュレーターの中から、機能やデザインなど総合的に見ておすすめできる製品をご紹介します。

アイリスオーヤマ サーキュレーター PCF-HD15

8畳用のコンパクトなサーキュレーターです。

コンパクトなのに機能性は抜群で、静音モード搭載、自動首振り、風量3段階調節可能。

縦方向にも角度調節ができるので、1年中活躍します。

また、羽根に指が届きにくい安全設計なので、小さなお子様がいる家庭でも安心して使用できます。

アイリスオーヤマ サーキュレーター PCF-HM23

PCF-HD15よりも一回り大きい20畳まで対応可能なサーキュレーターです。

35dB以下の静音モードを搭載しており、就寝時も音を気にせず使用できます。

サイズ:幅約35.4×奥行約23.2×高さ約40

アイリスオーヤマ サーキュレーターアイ PCF-SC15T

ボール型のフォルムでデザイン性も高く評価されています。

上下左右に首振り可能で、風力の調節やタイマー設定も可能。

欲しい機能がすべて集約された人気製品です。

リモコン付きなので遠く離れた場所からも全操作が行えます。

ボルネード サーキュレーターDCモーターモデル 5303DC-JP

省エネ性能を搭載したボルネードのエネルギースマートモデルです。

24メートル先にまで風を送り、室内の空気を循環させます。

風量調節は1~99まで。微調節ができるので好みの風量に設定することができます。

本体のコントロールパネルもしくはリモコンで全操作可能です。

ボルネード サーキュレーター クラシックシリーズ VFAN2-JP

デザイン性重視のレトロ感があるサーキュレーターです。

本体の色はアンティークグリーンで、金属製のクラシックなデザインが好評です。

プロペラ機のような風切音も人気の秘訣。

約24畳まで対応可能な機能的にも文句なしの製品です。

ボルネード エナジー・スマート・タワー・サーキュレーター NGT33DC-JP

35畳対応の縦型サーキュレーターです。

送風の幅を調節できるバーサフローが搭載されており、部屋全体の空気を循環させたい場合は「ワイド」、すばやく空気を循環させたい時や遠くまで風を送りたい場合は「スポット」と状況に合わせて設定できます。

無印良品 サーキュレーター(低騒音ファン・大風量タイプ)AT-CF26R

大風量タイプなのに音が静かなサーキュレーターです。

回転方向に羽根がせり出したブーメラン型にすることで、大風量での低騒音を実現させました。

グリルが取り外し可能で、お手入れの簡単さも特徴です。

無印良品のサーキュレーター

バルミューダ GreenFan Cirq EGF-3300

DCブラシレスモーターを搭載した省エネ製品です。

独自開発された二重構造の羽根とファンガードによって15メートル先まで風が届きます。

デザイン性にも優れ、水平から垂直まで無段階でファンの向きを調節可能。

パナソニック 創風機Q F-BP25T

流体力学から導き出した、気流の特性を最大限に発揮できる形が、この近未来的なボール状のデザインに繋がりました。

直線的でパワフルな気流で効率よく、空気の循環を早めます。

また、パナソニックが25年以上研究を続けている「1/fゆらぎ」という心地良いと感じる自然のリズムを取り入れ、長時間当たっていても心地よい風を実現しています。

山善 DCエアーサーキュレーター YAR-XD182

上下左右の首振り可能なのが最大の特徴です。

空気の変化を感じながら首振りを調節し、室内を一定の温度に保つことができるので、夏場でも冬場でも自在に空気を循環させることができ便利です。

また、静音性の高いDCモーターを搭載しているため、大風量でも静かに稼働します。

風量は4段階で調節可能で、遠くまで風が届くように設計されたトルネードガードにより、14畳まで対応可能なパワフルさも魅力の一つです。

山善 DCエアーサーキュレーター YAR-BD181

温度センサーが搭載されており、あらかじめ温度を設定しておけば、その温度に合わせて自動で運転と停止を繰り返し、いつでも室内を快適温度に保ってくれます。

風量は5段階、タイマーも付いているので用途に合わせた使い方が可能です。

山善 HOT&COOLサーキュレーター”DRY FORCE” YAR-ZD17

「部屋干し」「温風」「送風」の3つのモードが選べるのが特徴です。

部屋干しに最適な風が出て家事の時短につながる、温風モードで暖房と併用しても室温が下がらないなど嬉しい機能が搭載されています。

また、他のサーキュレーターとは違って羽根がありません。

小さなお子様が指を挟む心配もないので安全です。

スタンドラーフォーム OTTOサーキュレーター

 
デザイン家電で有名なスタンドラーフォームならではのオシャレなサーキュレーターです。

天然竹とスチールを組み合わせたモダンなデザインで、置くだけでインテリアとしても活躍し、和室にも馴染みます。

背面のつまみで風量を調節するシンプルな構造となっています。

ラスコ ボックスファンサーキュレーター

ボックスファンの老舗メーカーであるラスコ社から販売されたサーキュレーターです。

丸い形のサーキュレーターが多い中、こちらは四角のボックス型。

エコノミー低電圧機構を採用しており、従来製品の4分の1の電気代で済ませることが可能になりました。

重量も2.8kgととても軽いので、簡単に持ち運べます。

ボルツ DCサーキュレーター

上下90度、左右45度ずつ角度を調節できます。

超微風から強風まで9段階に風量が調節でき、強風でも静音がキープできるのが特徴です。

サーキュレーターに欲しい機能である、タイマー・静音・風量調節などがすべて搭載されているうえ、さらに消灯機能まで付いています。

就寝中の暗い部屋でも光を消せるので睡眠を邪魔しません。

おすすめサーキュレーターまとめ

サーキュレーターは室内の空気を循環させる働きがあります。

エアコンと併用すると家電2つ分の電気代がかかるのでは?と懸念する声もありますが、サーキュレーターを使うことで断然電気代は安くなります。

エアコンを使う時期以外にも、空気の入れ替えや部屋干しの時間短縮など、年中使える便利な家電なので、ぜひ1台は持っておきたいですね。

機能は最低限でいいから価格を抑えたい、デザインも良くて高機能なものを選びたいなど、サーキュレーターを選ぶ基準は人それぞれです。

製品によって特徴は様々なので、よく比較して自分の生活スタイルにあったサーキュレーターを見つけてくださいね。